病院の特徴

特徴1

療養だけでなく亜急性期の患者さまにも
対応できる医療体制

当院は、全床が医療療養病床となりますが、CTや人工呼吸器などの医療機器を備え、急性期を脱して症状が安定した患者さまや、亜急性期の患者さまなど比較的高度な医療ケアを必要とする方にも対応することが可能です。患者さまの病状に応じて適切なリハビリテーションも提供しております。
最後まで穏やかに毎日を過ごしていただけるよう医療チームメンバーと協同し、温かみのある医療ケアを提供しております。

医療療養病床とは

・慢性期の方を受け入れる療養病床のうち、医療保険が適用される病床です。急性期を終えても、引続き医療的ケアが必要な患者さまの長期入院が可能です。
・入院患者さまの状態に応じて適切なリハビリテーションを提供します。

療養だけでなく亜急性期の患者さまにも対応できる医療体制
医師の在籍数 ・内科:5人
・リハビリテーション科/整形外科:1人
・神経内科:1人
・泌尿器科:1人
・皮膚科:2人
・眼科:1人
・耳鼻科:1人
可能な処置 ・人工呼吸器
・気管切開
・中心静脈栄養
・ドレーン法
・喀痰吸引
・褥瘡処置
・胃瘻造設
特徴2

設備・医療機器の充実

先進のCTを導入したことで、これまでは他の医療機関にお願いしていた検査や治療の一部を院内で行えるようになりました。これにより、患者さまの負担を軽減しながら、提供する医療の質を高めることができています。
また、横になったまま入浴できる機械式浴室を設置しており、医療機器を装着している方も入浴いただけます。寝たきりで床ずれを起こしやすい方も、身体を清潔に保つことによって、快適に過ごしていただけます。
そのほか、十分な数の人工呼吸器を保有しており、いつでも安全に安定して酸素供給できるよう、大型の酸素供給設備を備えております。

CT

重症患者さまにとって大きな負担となる移動を最小限にとどめ、スピーディーに検査・治療につなげられるよう、先進のCTを導入しました。可能な限り院内で検査・治療を行い、患者さまに負荷をかけないよう尽力しています。

CT

機械式浴室

横になったまま入浴できる機械式浴室です。自宅はもちろん、他院や他施設でも入浴が難しかった重症の患者さまや、医療機器を装着している患者さまも、楽な姿勢で入浴していただけます。

機械式浴室

人工呼吸器などへの酸素供給体制を整備

当院では入院患者さま向けに30台ほど人工呼吸器をご用意しています。酸素供給には独自の供給体制を構築し、院内での配管・外部の酸素小屋と呼ばれる酸素ボンベの管理場所など、安全な供給に向けて整備しています。

人工呼吸器
特徴3

温かみのある療養

患者さまが苦しまないこと、安らかであること、にこやかであることの3つを実現するため、多職種が連携して「みんなで一人の患者さまを診る」チーム医療に取り組んでいます。スタッフ一人ひとりの高い能力を結集することで、患者さまにとってより安心で、安全な環境づくりをめざします。
1階には広々としたリハビリテーション機能訓練室を設置。脳血管疾患、廃用症候群、運動器等のリハビリ(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)を提供しています。
季節ごとのお楽しみ献立や飾りつけなどのレクリエーションを通じて、彩り豊かな療養生活をすごしていただけるように心がけております。
5月 6月